未分類

保守契約の必要性

保守契約に加入することで、様々なトラブルの時などにサービスを受けることができます。これに加入していないことで、加入していればかからない費用でも掛かってしまう結果になってしまうのです。さらに加入しておくだけで業者からの定期的なメンテナンスなどが無料で受けられるほか、様々なサービスが受けられます。何らかの故障の時でも、保守契約に加入していることで、実費でかかった費用を支払うことがありませんし、保証内のトラブルでしたら無料で修理が可能になります。

この保証はコピー機などの機器は会社では特に頻繁に使いますし、消耗品としても必ず長く使っていることでどこかに不具合が出てきてしまうものになってしまうのです。ですから契約しておかなければその都度故障時に実費で支払いをしなくてはいけなくなり、そのコストも割高になってしまいます。あまりにも修理の頻度が多くなればそれだけ費用がかかってしまうことになります。

このように修理だけの請負をしている業者などは数少なくなっていますので、万が一故障をしてしまいそれでも急いで使いたい時などには、修理に時間がかかってしまいますし、壊れてしまった場合でもすぐに対応をしてもらえません。ですから保守契約は必要になる契約になるのです。

<関連HP>OAランド / コピー機専門販売
保守契約が必須の業者です。

未分類

保守契約の内容

コピー機購入の時の保守契約の内容にはいろいろあります。カウンター契約はほぼみなさんが行う契約になります。毎月の締めでカウンターを一度締めてから毎月のメンテナンスを行います。この時に故障していることが分かると修理もしてもらえます。さらにこの契約を交わしていることで紙詰まりやちょっとした印刷のかすれなどの調節などをした場合では請求されることがありませんので安心です。このような契約は5年間が有効期間とされていますがそれ以降は、また再契約になります。年間保守契約というものもあります

機器が古くなって来ればそれなりのメンテナンスや故障の出番も多くなってくるものです。年間で契約するケースの場合はあまりにも古くなったものでは契約を断られてしまう場合がありますので注意しましょう。また、この契約は定期的に業者のサービスマンがメンテナンスに来てくれますし電話をすることで、故障なども修理しにきてくれます。契約年数は各メーカーによって違いますし、年単位で契約料金の支払いといった形になります。

また、新品機器では無駄ともいえるキット契約ですが、使い込んでいかなければこれは無駄になってしまうものになりますし、リース契約の場合ではリースの終了とともに契約も終了になりますので、新品ではほとんど大きな故障もないので加入しなくても良いと考えます。

未分類

コピー機導入に必須な保守契約

コピー機の購入でよく耳にする保守契約ですが、加入した方が良いのかしなくても良いのか、迷う人も多くいるはずです。この保守契約は簡単に言ってしまえば保障といった意味です。機器に対しての様々な補償をつけるかつけないかということになります。業務用のコピー機では一般的には加入しているところがほとんどになります。会社などでは頻繁に利用しますし、不具合もあります。しかしこの保守契約をしても、すべての物事に保証がつくわけではありません。例えばカウンター料金の中でもあるものとないものがありますし、補償の内容もそれぞれの項目から任意で選べるようになっています。

そして購入する機器によっても保守契約内容も違いが見られます。良く利用するほどに故障なども比例して多くなっていきます。こうしたときには保守契約に加入している方が安心して修理などに出すことができます。保守契約は機器を購入するときに加入することもできますが、基本的にはどのようなタイミングでも加入することができます。トラブルが多くなってきた時や、購入時には考えていなかったものでも途中で考えが変わった場合にも加入することができるようになっています。

しかしこの契約自体も業者によって違いがありますので、最初に確認が必要ですね。カウンターの回数やリースの場合では契約がどのようになるのかが不透明な場合にはさらに確認が必要になります。この契約は品質を保っていくためのものですのでないよりはあった方が良いと考えます。