保守契約の内容

コピー機購入の時の保守契約の内容にはいろいろあります。カウンター契約はほぼみなさんが行う契約になります。毎月の締めでカウンターを一度締めてから毎月のメンテナンスを行います。この時に故障していることが分かると修理もしてもらえます。さらにこの契約を交わしていることで紙詰まりやちょっとした印刷のかすれなどの調節などをした場合では請求されることがありませんので安心です。このような契約は5年間が有効期間とされていますがそれ以降は、また再契約になります。年間保守契約というものもあります

機器が古くなって来ればそれなりのメンテナンスや故障の出番も多くなってくるものです。年間で契約するケースの場合はあまりにも古くなったものでは契約を断られてしまう場合がありますので注意しましょう。また、この契約は定期的に業者のサービスマンがメンテナンスに来てくれますし電話をすることで、故障なども修理しにきてくれます。契約年数は各メーカーによって違いますし、年単位で契約料金の支払いといった形になります。

また、新品機器では無駄ともいえるキット契約ですが、使い込んでいかなければこれは無駄になってしまうものになりますし、リース契約の場合ではリースの終了とともに契約も終了になりますので、新品ではほとんど大きな故障もないので加入しなくても良いと考えます。